メニュー

ドライアイの治療

ドライアイとは?

まずドライアイとは皆様もイメージがしやすいかと思いますが乾き目のことです。眼の表面が乾いてしますとゴロゴロしたり眼精疲労やかすみ目の原因となります。日本でのドライアイ患者は1000万人〜2000万人とも言われています。

ドライアイの原因は?

ドライアイの原因は大きく分けて2つに分類されます。
まず1つは、涙の量が減ってしまう「量的な異常」。次に涙を眼の表面にとどめることができなくなる「質的な異常」です。

「量的な異常」の場合、加齢や自己免疫性疾患により涙の量が減ってしまします。
「質的な異常」の場合、眼の表面に涙をとどめるためのムチンと呼ばれるタンパク成分や油分の成分が少なくなり涙は出ているのに眼の表面にとどまることができずにすぐに流れ落ちてしまう状態になります。

ドライアイの症状の一つに流涙があります。よく「なぜ乾き目なのに涙が出るの?」と聞かれることがあります。これは涙は出ているのに目の表面に涙がとどまることができずに流れ落ちてしまうからです。

ドライアイの症状とは?

  • 目がゴロゴロする
  • 目が疲れる
  • 眩しく見える
  • よく涙が出る
  • 視力が落ちる

ドライアイの治療は?

ドライアイの治療はその原因により異なります。まず「量的な異常」の場合は涙自体が少ないので涙液を補充する点眼をしていただきます。それでも良くならない場合は涙点と呼ばれる涙の排水管にふたをすることがあります。これは涙点プラグといいます。

次に「質的な異常」の場合は眼表面の成分を整える点眼をしていただきます。また眼の縁にはマイボーム腺と呼ばれる油分を分泌するところがあります。ここがつまっていると涙ののりが悪くなってしまうためこれを改善していただく指導もさせていただきます。

実際にはこれらが複合的に合わさっていることが多く様々な点眼を組み合わせて治療を行なっていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME