眼瞼下垂症

  • HOME
  • 眼瞼下垂症

眼瞼下垂手術について

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

*

眼瞼下垂とは、まぶたが下がってしまい、目を正常な位置まで開くことができない状態です。
まぶたを上げる筋肉の作用が弱まることで、そのような症状が現れます。
眼瞼下垂症の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 先天性
  • 加齢性
  • 外傷性
  • 神経麻痺性
  • 内眼手術後
  • コンタクトレンズの長期使用

眼瞼下垂手術(保険適用)

眼瞼下垂症は、以下の手術法によって症状を改善することができます。

腱膜前転術

まぶたを上げる筋肉である「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」の腱膜(けんまく)を瞼板に縫い付けて固定する治療法です。

挙筋短縮術

眼瞼挙筋の先にある挙筋腱膜を部分的に切除し、瞼板に縫合する治療法です。腱膜が短くなるので、まぶたが上がりやすくなります。

眼瞼皮膚切除術

まぶたの皮膚が余っていて、そのたるみが眼瞼下垂を引き起こしている場合に適応される治療法です。まぶたの皮膚を切り取ります。

手術の注意点

眼瞼下垂症は、片眼のみ手術する場合と、両目同時に手術する場合の2パターンがあります。
治療計画を立案する段階で、施術部位は決定していますが、両目の眼裂幅のバランスを考えて、予定を変更することがあります。
つまり、片眼のみの手術が両眼同時手術に変わることもありますが、必ず患者さまのご意向を伺いますのでご安心ください。