メニュー

緑内障の治療

緑内障とは?

緑内障とは眼圧などによるストレスによって、目の奥の神経が進行性に痛んでいく病気です。

神経が痛んでしまうとその範囲の視野が欠けていってしまいます。

緑内障の怖いところは一度痛んでしまった視野はもう戻すことができないところにあります。

また、徐々に進行してくる病気ですのでご自身では気づきにくいところも注意が必要です。

たまたま検診で引っかかって受診された際にはかなり進行した緑内障であったということも稀ではありません。

また有病率は40歳以上の方で5%といわれています。つまり20人に1人の割合で緑内障を発症しているということになります。

ただその中のほとんどの方は自覚症状がなく未治療で過ごされているという報告があります。

ですので緑内障は早期発見と早期治療が必要となります。

緑内障の症状は?

  • 視野が狭くなる。
  • 以前より暗く感じる
  • 視力が低下する

こういった症状がある場合は緑内障の可能性があります。

ただ、緑内障による視野欠損は周辺部から徐々に進行してくるため自覚症状が出現したころにはかなり進行している可能性があります。

繰り返しになりますがなるべく進行する前に検診を受け、早期発見と早期治療を行うことが望ましいところです。

緑内障の原因は?

緑内障の原因は眼圧による影響が考えられています。眼圧とは簡単にいえば目の圧力(硬さ)になります。

目の圧力が高値になることで目の奥の神経が圧迫され神経障害を引き起こしていまいます。

また最近では神経の血流の変化による影響も報告されています。

緑内障の治療は?

  1. 点眼治療
  2. レーザー治療
  3. 手術治療

緑内障の治療で最大の効果が期待できるのは眼圧を下げることになります。眼圧を下げるための治療は大きく分けて3つあります。

まずは目の負担が少ない点眼による治療が主体となります。

点眼の種類は高血圧の薬の様なもので数種類ありそれらを組み合わせることで最適な眼圧になるよう調節を行います。

次に点眼でコントロールが不良の場合はレーザー治療を行うことがあります。レーザー治療は痛みがなく、5分程度の処置で治療は可能です。

点眼だけではコントロールが難しい場合や点眼の本数を減らしたい時には有効な治療の選択となります。

当院では最新のレーザー機械を導入しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

最後に手術治療となります。手術は誰しもが受けたくないものです。

もちろん目にとっても負担の大きい治療となります。

そのため、点眼治療やレーザー治療などをしても眼圧のコントロールが難しい場合の最終手段と考えていただければいいと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME